面接で少しでもバック金額を上げるには

体験入店はせずに帰る

Written on 16年9月25日   By   in 未分類

風俗店でのお仕事でバック金額を上げるポイントとして、第一印象を良くするということと、思いっきり「猫を被る」ということがあります。
そこで、面接の流れの中の最後でバック交渉をすると効果的だというようにもいわれています。
基本的に風俗面接の流れというのは、お店の説明をされて仕事の説明、そして給料の説明でその他待遇の説明、そして最後に質疑応答という流れになってきます。
ほとんどのお店の人というのは、採用したい女性はできるだけ獲りたいと考えています。
その為、女性が入店前に不安に感じている部分を直接聞いたり、雰囲気で察知して優しく丁寧に解消してあげて、スムーズに体験入店してもらえるように努めるのです。
そして、ここでのポイントはお店の人が採用したがっている雰囲気を掴むことです。
体験入店を積極的に進められたり、面接以外の話の時間が長かったりと、そういったところがサインとなります。
ここで、「ちょっとまだ入店を迷っている」という雰囲気を醸し出すのが大切なのです。
要するに、お店側の入店して欲しいという気持ちを逆手に取って、「他の女性よりもバック金額を上げるからうちのお店で働いてほしい」というのを引き出す必要があるのです。
方法は決して難しくはなく、「ちょっとまだ迷ってて」、「他のお店も見てみたい」、ということを控えめに言うのがベターではないでしょうか。
また、最後のほうでさらに控えめに、「バックってどれくらい頑張ったら上がるのでしょうか」と困った顔で言うのも一つの手でもあります。
そこで、まだ迷っていてお店側からの「バック金額を上げるから入店して」というのを待っているテイですので、面接当日は体験入店をせずに帰ります。
面接の最後に、「体験入店の日は一旦帰って日程調節してから連絡する形でも大丈夫でしょうか」という言い方がいいでしょう。
とはいえ、バック金額というのは基本的に上がらないのが常識でもあります。
ですので、2日ほど待ってみてもダメならあきらめたほうが賢明かもしれません。
2日待ってもお店からアクションがなければ、「お店側が諦めた」、「そもそも面接の時点ではバック金額が上がらないお店だった」、「入店後の成績によって上がるお店だった」、「バック金額を上げてまで入店して欲しい女性ではなかった」、のいずれかになりますので、この場合はキッパリとあきらめたほうがいいでしょう。
普通の他のお店も検討しながら、自分にぴったりのお店を探すことに専念するほかないということです。

上げるポイント

Written on 16年8月26日   By   in 未分類

風俗店で働く女性というのは、基本的に完全歩合制という給料形態になります。
ですので、少しでもバック金額を上げて働きたいと思うものです。
そこで、面接時にバックを上げる交渉ということがあります。
これは、するとしないとでは全然変わってきますので、決して上がらなかったとしてもまずは試してみるのも悪くないことなのです。
まず、面接時にバックを上げるポイントして、面接の直前に美容室へ行って髪型を整えてから面接に挑むということがあります。
やはり、人間第一印象というものは絶対に大事になってきますので、この第一印象を上げるにはまず身だしなみからではないかと思われます。
次に、時間厳守は礼儀の基本でもありますので、面接時間15分前にはお店に到着しておいたほうがいいでしょう。
どちからといえば時間にルーズな女性の方が多い業界ですので、時間をきっちり守るだけで面接官の印象も良くなるものなのです。
後、服装に関しても清潔感のあるものが理想的だといえます。
やはり、清潔感だけは絶対に外せないポイントでもあり、これは風俗業界の常識でもありますので覚えておいて絶対に損はないのです。
もちろん面接に行くお店のコンセプトにもよりますが、洋服は基本ワンピースかスカートが鉄板になります。
清潔感にプラス清楚感を演出できる1番の洋服でもあるのです。
また、自分の持っている洋服の中でも1番質の良いものを選ぶのがいいでしょう。
決して高いものである必要はありませんが、面接には1番の勝負服で行けばいいのではないでしょうか。
最後に、思いっきり性格が良さそうな女性を演じきるというものがあります。
これまでは外見という見た目の話でしたが、ここでは女性の内面の話となります。
お客様に接客したらどんな感じなんだろう、という事を想像しながら面接官は女性と会話をします。
そこで肝心な方法なのですが、これに関しては思いっきり「猫を被る」ということしか方法はないようにも思えます。
なんとかしていい関係になりたい男性に対して行っている態度をそのままするだけで何の問題もありません。
これを全てしたからといってバック金額が上がるというわけでは決してないのですが、これをするとしないとでは全然変わってくるということなのです。
美容室へ行くということ以外は全然お金がかかりません。
ですので、これから先を損しないためにも最低限面接ではこれらを実践して交渉すればいいのではないかと思われます。

まずは交渉から

Written on 16年8月11日   By   in 未分類

風俗店で働きたいと思っている女性というのは、ほとんどが高収入を目的として働くことになります。
風俗店の給料形態は、基本的に完全歩合制となっています。
一人のお客様を接客して、初めて報酬というのが生まれてくるのです。
お店側の取り分と女性の取り分というのは、正直なところお店の方針や女性のポテンシャルなどによって様々となっているのが現状であります。
やはり高収入を目的として風俗店で働くのですから、500円でも1000円でもバックしてもらいたいものなのです。
そこで、風俗店で長く働いている女性であれば知っているであろう、面接でのバック金額を上げる交渉というものが存在してきます。
この交渉をするのとしないのとでは一日に稼げる金額は変わってきますし、出勤日数が多ければ多いほど給料の金額が変わってくるのです。
ちなみに、バック金額はそうそう上がるものではありません。
ただ、面接するのは人間ですので、アピールの仕方によっては上がる事も十分にあるのがこの業界なのです。
やってみて損は1つもありませんので、可能性は10パーセントでも20パーセントでも上げる努力をする事は、きっと自分にとってよい事でもあるはずです。
そこで、まず知っておかなければならないということに、風俗では最初からバック金額が上がらないというのが一般的ということです。
たとえば、求人に60分のバックは9000円~13000円などと書かれていれば、それは大体みんな60分9000円ということになります。
ちなみに、キャバクラで在籍する女性ごとにバック金額や時給が違うという事はよくある話でもあります。
でも、風俗の場合はほとんどそうはなりません。
なぜなら、接客した人数で売上が決まるから、キャバクラみたいにシャンパン1本で売上がいきなり上がるものではないからなのです。
しかし、高級デリヘルなどでは女性ごとに違う利用料金が設定されている事がよくありますので、こういったお店の場合は女性ごとにバック金額が別々に設定されていますが、バック金額を高くしてもらう敷居はそれなりに高いのが現状です。
とはいえ、そこであきらめれば絶対に損をします。
そもそも、お店が設定している最低バック金額より2000円高いバックを貰うのは難しいですが、500円~1000円のアップはそんなに珍しいことではないからです。
他の女性は60分9000だけど、自分だけは9500円や10000円ということは意外とあるのです。
そこで、面接のときにバック金額を上げる具体的なポイントとして、まず面接の直前に美容室に行って髪型を整えるということがあります。
枝毛があったり、髪がクシャクシャだったりボサボサだったり、色にムラがあったりなど、そういった女性の場合はきちんと髪型を整えてから面接に挑みたいものです。
こちらは第一印象に影響を与える部分になりますので、可能であれば気配りして頂きたい所でもあるのです。
 
リンク…汝々艶 女性求人専用サイト
勤務ポイントによってバック率が上がる風俗求人のサイトです。