まずは交渉から

風俗店で働きたいと思っている女性というのは、ほとんどが高収入を目的として働くことになります。
風俗店の給料形態は、基本的に完全歩合制となっています。
一人のお客様を接客して、初めて報酬というのが生まれてくるのです。
お店側の取り分と女性の取り分というのは、正直なところお店の方針や女性のポテンシャルなどによって様々となっているのが現状であります。
やはり高収入を目的として風俗店で働くのですから、500円でも1000円でもバックしてもらいたいものなのです。
そこで、風俗店で長く働いている女性であれば知っているであろう、面接でのバック金額を上げる交渉というものが存在してきます。
この交渉をするのとしないのとでは一日に稼げる金額は変わってきますし、出勤日数が多ければ多いほど給料の金額が変わってくるのです。
ちなみに、バック金額はそうそう上がるものではありません。
ただ、面接するのは人間ですので、アピールの仕方によっては上がる事も十分にあるのがこの業界なのです。
やってみて損は1つもありませんので、可能性は10パーセントでも20パーセントでも上げる努力をする事は、きっと自分にとってよい事でもあるはずです。
そこで、まず知っておかなければならないということに、風俗では最初からバック金額が上がらないというのが一般的ということです。
たとえば、求人に60分のバックは9000円~13000円などと書かれていれば、それは大体みんな60分9000円ということになります。
ちなみに、キャバクラで在籍する女性ごとにバック金額や時給が違うという事はよくある話でもあります。
でも、風俗の場合はほとんどそうはなりません。
なぜなら、接客した人数で売上が決まるから、キャバクラみたいにシャンパン1本で売上がいきなり上がるものではないからなのです。
しかし、高級デリヘルなどでは女性ごとに違う利用料金が設定されている事がよくありますので、こういったお店の場合は女性ごとにバック金額が別々に設定されていますが、バック金額を高くしてもらう敷居はそれなりに高いのが現状です。
とはいえ、そこであきらめれば絶対に損をします。
そもそも、お店が設定している最低バック金額より2000円高いバックを貰うのは難しいですが、500円~1000円のアップはそんなに珍しいことではないからです。
他の女性は60分9000だけど、自分だけは9500円や10000円ということは意外とあるのです。
そこで、面接のときにバック金額を上げる具体的なポイントとして、まず面接の直前に美容室に行って髪型を整えるということがあります。
枝毛があったり、髪がクシャクシャだったりボサボサだったり、色にムラがあったりなど、そういった女性の場合はきちんと髪型を整えてから面接に挑みたいものです。
こちらは第一印象に影響を与える部分になりますので、可能であれば気配りして頂きたい所でもあるのです。
 
リンク…汝々艶 女性求人専用サイト
勤務ポイントによってバック率が上がる風俗求人のサイトです。